ウーマン

ダメージに打ち勝つ|デリケートな目元にアイクリーム

工夫をすれば十分な潤いへ

肌ケアする人

間違った方法を見直す

乾燥肌とは、水分量と油分量が足りていないために起きてしまう状態です。つまり、肌が潤い不足に陥るためにカサカサになり、粉吹きやニキビなどが起こってしまうのです。乾燥肌を改善するには、スキンケアを見直すことで肌の状態は少しずつ変化してきます。今までのスキンケアが余計に乾燥肌を悪化させてしまう場合もあるので、乾燥肌に合わせたスキンケアを積極的に行っていくのが一番です。乾燥肌の人で気を付けたいのが、メイク落としです。メイク落としは、メイクである油分を落とす働きがあるものの、成分が強力すぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。また、普段から使う洗顔フォームや石鹸、化粧水に至っても、肌に負担となってしまう成分が乾燥を招いてしまうこともあります。スキンケアを1つ1つ肌にいい方法に変えることで、十分な潤いが保たれる肌へと生まれ変われます。

最適な化粧品

乾燥肌の人におすすめのスキンケアは、メイク落としに関してはミルクやジェルタイプのクレンジング剤がちょうどいい効果を与えます。優しい成分でメイクを落としていくので、肌の油分が保たれたまま乾燥を引き起こしません。洗顔では、なるべく洗浄力が控えめな無添加の成分を選んでいくようにします。そして洗顔方法は手でこすり洗いをするのではなく、泡で肌を洗っていくようにしましょう。化粧水でのスキンケアは、保湿成分を重視した成分を求め、これもなるべく無添加であるのが理想です。人工的な成分を含むと、人によってはどうしても肌荒れを起こしてしまうからです。そして、部分的に乾燥が気になる場合は、美容成分を豊富に含む美容液をその部分につけていくと効果的です。最近では乾燥肌を意識した化粧品もたくさん販売されるようになり、スキンケアを見直すのも難しくはありません。肌に優しい成分、そして保湿へのこだわりを優先していけば、乾燥肌に悩むこともなくなります。